ひよぷら日記

ひよっこプランナーが日々思ったことをつらつらと。自分の備忘録として。 メディアとかマーケティングとか広告とか。

センスのいいケータイサイトってなんだろう

最近ものすごい勢いでケータイにハマっている。
今日も某消費財メーカーのケータイサイトを見ながら帰宅。

ところで、私は「いいなーこれ!」と思ったサイトは
いくつかに分類して観察しています。

ものすごくざっくりな話だけすると、
1)旧来メディアの中身をそのまま持って来ちゃうもの
2)古い言い方でいうと2.0なやり方のもの
3)もう一種の革命、歴史を変えてしまうような技術によるもの

もちろん最後のはほとんど存在しない。

体力あれば1番のやり方だけでも、いいと思う。
いや、そこためらわないでいいと思うの。
そういうのは古い、1.0だ、みたいな説もあるけど。
思いっきりやれば逆にメジャー感あると思う。

ただ、旧来メディアと同じようにやっちゃうと、センスないわけで。

話が飛躍したように感じられるかもしれないが、
日本語と英語のあいだには、微妙なニュアンスがあるのと
同じように、旧来メディアとケータイのあいだには、
微妙な差があるように思う。

たとえば、日本語のさみしい、とか、よろしく、
と全く同じ言葉は、英語にない。もちろん似たのはあるけれど、
日本語の多義性をそのまま1語で受け止められていない。

逆ももちろんあって、私はいまだに、英文メールの最後の
regardsって変だよな、と思っている。
これは仏語の「見る」から来ているから
違和感あって当然なんだけど。
どうもそっち(外国)のほうでは、人を見る、ことは敬意を表すようだ。
日本だと、どっちかというと、はっきりと人を「見る」ことは
失礼にあたるように私は受け止めているけれど。
(平安時代の偉い人のすだれとかね)

言語学の専門ではないので、間違っていたら、笑ってね、という
レベルではあるんだけど、でも確実になんとなく感じている違和感はある。

それと同じように、ケータイには
ケータイ文化があり、ケータイ語があり、ケータイ文脈がある。
それをうまく理解して旧来メディアの内容をtranslate
すると、センスいいね、ということのような、
そんな気がする。

余計な補足かもしれないですけど、
たとえば、ウェブだと違和感ない文章が、
ケータイだと重い、まどろっこしいみたいな、そういうことを
はじめとする、いろいろな差のことです。

それを当たり前だろ、と捉えるより、
言語と同じように思いやりとチャーミングさをもって取り組めたら
素敵だなと思うのです。

きっとケータイ語を話すことができる人たちにとっては、
とても自然なことだろうなと思うとうらやましいですね。
ちょうど仏語しゃべれたらなあと思うのと同じノリでうらやましい。

あー、でも私の職種はWEBプランナーではないのでした。うん。

  1. 2008/03/11(火) 00:43:48|
  2. ケータイのこと|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0

女子のキモチ

しかし、いろんな人に先日よりご来訪いただいたようで、
ホントびっくりです。どーもです。
まともなこと、ちょっとは書かないといけないかなぁ。(笑)

さて、

書く書く、と言っていながら放置ネタだった、
ターゲットインサイト@ウェブサイト

で書いた、女性向けのサイトをもっと増やして欲しい!という話。

本当に、ウェブ以外の施策は完璧なのに、
ウェブだけ女性にとって「刺さらない」サイトっていっぱいある。
スキン変えただけじゃん、みたいな。

とはいえ、ウェブを雑誌の4c2pタイアップと
同じように捉えるようになったことは
とてもとてもすごい進化だと思っていて、
その点で私は「カワイイをつくる.com」はスゴイと思っています。

今注目しているのは、プーペガール

この話を会社の先輩(男)にしたら、
「あーそういや、PS*で着せ替えができるっていうソフトあったよね、
あれとかってホント女性ならではの視点だよね」と言われた。

違うの違うの、そういうことじゃないの、
きせかえが面白いんじゃないんだよぅ。

「えーでもコーディネイトとか考えるのに楽チンじゃない?」

P*P起動することのほうが女性にとってはメンドイよ。

ううう。わかってほしいこの女子のキモチ。

女の虚栄心、見せびらかしたいキモチ、褒められると優越感、
ささやかな競争意識、みんなと同じが良い、けど細かい差別化がポイント
かわいい自分が好き、理想的な自分を演じたい、
友達と仲良くしている自分は良い人で好き、
そしてお得への飽くなき追求、簡単楽チンへの欲求…などなど。

具体的に言うと…
ほら、女性って髪切ると、
「髪切ったの〜♪」
「ホントだぁーカワイィ〜」
「ほんと〜?ちょっと切りすぎちゃったかなぁと思ってー」
「そんなことないよ、カワイィよ〜」
とかやってるでしょ。あの一見無意味に思える会話。あれですよ。あれ。

女子心のいくつかをうまーく押さえたものが女性に受けるんですよ。
サイトも同じ。たぶん。

その点、プーペガールはちゃんとわかっているのだ。
かわいくって、直感的で、簡単で。
友達にさりげない自慢ができて、お互い褒めあって喜べる仕組み。
しかもフリマでいらなくなった服が売れるなんてお得♪

うまい!作った人どんな人?と思ったらやっぱ女性だった…。

結局、この業界、女性がどれだけいるの?って話とも絡むのかもしれないけど
たとえば昔の資生堂の広告では男性クリエイターだって
バリバリ活躍していたんだから、
男女の区別などなく女性にとって魅力的な
広告や仕組みを作り出すことはできるはず。
一緒に良いお仕事みんなで作っていけたらなぁーと思うのでした。
  1. 2008/03/08(土) 00:18:10|
  2. コミュニケーションって|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

アイカワさんとランチ

ふわわ。
「第12回ブロガーランチ ひよぷら日記の中の人」@じだらく

で書いてもらったら、急にアクセスが…。
どーもご来訪ありがとうございます。

ダレオマエ?とか思われてそうだな。
プロフ読んでねっ☆えへっ(´▽`)

えっと。本題ですね。

楽しかったにゃー。予想通りというか予想以上の方でした。

やっぱり「わかる」人と話すのは楽しい。

私は開拓者タイプではないんで、
さらりと西部開拓できちゃう方とお話しすると
とっても刺激になりますねー。

印象的だったのは、
企画提案の正攻法とそうでない方法についての話だなぁ。
人は花ばかり見るけれど、土を耕し水をあげ、のプロセスが
やっぱり大事なんだなとも思ったりして。

それと、
「どこまでのノウハウを書くか」
というお話が興味深く考えさせられました。
の話については、話しながらも
まーあいかわらず自分は心配性で
旧態としているのう…と思ったのでした。(笑)

もうこの時代はオープンにすることはとても大事!
アイカワさんが興味深いブログを書いていなかったら、
このランチは実現しなかったわけで。

実は一番情報は人に詰まっているのだから、
多少ノウハウをエントリで書いてもどうとなるものでもない。
むしろそれでコネクトできたほうがよっぽど利益。
ただ、それを全員がやるとな、それはちょっとな、という。
やっぱりアルファブロガーみたいな存在は少数でいいのです。
私みたいな新参者は先人を超えられないなら、後ろをひっそりつづけばよし。

とかいろいろと話が勝手にまた膨らんでしまう。(笑)

もっといろいろ話したいことありましたが、
まあ次の会で☆
  1. 2008/03/06(木) 23:55:59|
  2. コミュニケーションって|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ソリューションはある意味アレだよね

広告代理店のソリューションは
なんていうか…前向きですよね。ポジティブというか。

世の中いろいろ暗いこともあるのかもしれないけれど、
それをわかった上で前に進む、
その美しさがあるような気がする。

ちょっと美化しすぎかなぁ。

作っている過程で特にそう感じるんだよねぇ。

もしかしたら、自分がこの仕事が好きな理由は
そこにちょっぴりあるような気がする。

じゃなかったら、コンサル系の方が、
キャラ的には向いてたかもしれないし。

なーんか、代理店のソリューションは、コンサルとは
似て非なるものなんですよねぇ。

ビジネススキームが、という意味でなく、
微妙に前向きっぷりが違うんです。

なんかニコニコしている人にハッピーが集まる感じと
努力している人にハッピーが集まる感じの違いがある。

そんなことをぼんやり思う深夜。

人も笑顔で前向きでいることが大事だにゃー。
  1. 2008/03/01(土) 02:13:15|
  2. プランニング関連|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
…BACK | HOME |