ひよぷら日記

ひよっこプランナーが日々思ったことをつらつらと。自分の備忘録として。 メディアとかマーケティングとか広告とか。

インターネットはスライムみたい

いざ切り込もうと思って



よく考えて、
これならこの世界を
「切れる」だろうと思って



切ってみても
その横から変化していく



しかも切ったところも
増殖したりして
もうわけがわからん…。


  1. 2008/02/19(火) 13:58:48|
  2. ウェブ系の話|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

生活者視点を忘れないでいたい

これからインターネットの専門的な知識を吸収していくことになりました。

今までは、他人事スタンスを貫いてきたこのPC歴20年弱。

PC?ああ、親が買ってきました、
設定方法とかわかりません、
ELIZAって面白いんですか、
ニフティサーブってなんですか、
HTMLなんてわかりません、
ブログ?知り合いのたまに読んでますね、
mixi?一応入ってますけどねー、
携帯は何年も新しいのにしてないです、
ログ解析って大変そうですね、
以下略

それは、私には、そっちの才能がないし、興味がなかったのも本当だけど、
仕事を始めてからもあえて距離を置いたのは、
そんなことは20代OLはやらないからだ。

私は、フツーの人が考えてることややってること、
それと同じがいい。

じゃないと、生活者視点がなくなっちゃうからだ。

実際に買ってみる、サービスを受けてみる。

ロジャーズの採用者分布曲線でいったら、
アーリーマジョリティの後ろのほうくらいが望ましい。

仕事上、アーリーアダプターにもならなくてはいけないんだけれど、
それはあくまでバーチャルな自分として持ち、
生身の自分は、マジョリティ側で物事を感じて、行動する。なるべく。

自分は仕事柄、○○をやっているけど、生身の自分だったらやらないな、とか、
自分や友達だったら、こういう風なサービスだったら欲しいし受けそう、とか
自分まで情報が回ってきたって事は、けっこうすでに人気が出ている、とか
そういう視点を大切にしたい。
いわゆるインサイトを探るってやつですね。

プランナーは、人の気持ちがわかること、そこが前提だと思ってます。
  1. 2008/02/18(月) 15:02:48|
  2. プランニング関連|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

リーダーってなに

そういえば、書く書くとか言っておきながら
放置のネタがありますね。まあ、気長にお願いします。

で、今日気になったこと。

リーダーってなんでしょうってこと。

これについては数多の本があるし、論があるし、
別にここで私が、書かなくてもいいだろうって話なんですけどね。

そういえば、前書いたエントリみたいな、
書くことで、認識するみたいなのって、認知科学では外化と言うんだそうで。
ブログによる外化は、言語というメディアを通すこと、
他者を想定することなどが含まれ、これらが学習の向上に役立つ
ってことらしいんです。あ、詳しくはこちらで。(※要会員登録です。)

はい。で、リーダー。

リーダーによって、同じネタでも驚くほど会議が変わっちゃうんだなー
ということを今日実感しちゃったのです。

目標が明確。みんなの意見を聞いてくれる雰囲気。
何言っても受け止めてくれるんだと思わせる返事の仕方。
「うん、そういうのもある。」「いいよね。特に○○のところ。」
とか言っておきながら華麗にスルーする。(笑)
スケジュール、各人をどう動かせばいいか、わかってる。
いざとなったら、責任取るから、という態度。

うーん。自分もいつかなれるかな。
とりあえず、笑顔のポーカーフェイスだけでもできるようになりたい。(笑)
大事なんですよね、ファシリテーションにおける笑顔って。

それから、メンバーがお互いに、ネガティブな態度にならないこと。
俺のアイディアのほうがいい、みたいな競争意識とか邪魔。
序列意識もないほうがうまくいく。
もうめんどくさい、みたいな態度は見せない。

いわゆるSWOT的な、Wの部分、押さえとかないと、っていうマイナス情報は
開示すべきだけど、そこを冷静に受け止めて態度はあくまでポジティブに。

難しいな。

新人の頃も、会議ってすごい難しいって思ったけど、
今は違う難しさがある。自分だけ、進化すればいいわけではない。

不思議。

同じような会議なのに、課題は自分が変化するごとに
違う形をまとって現れる。

本質的には、コミュニケーションそのもの、なのかもしれないけれど。

あと会議でもうひとつ面白いのは、
その人の仕事への取り組み方が、
ものすごくはっきり見えるところが
人間観察として見ていて面白い。意地悪かな。
  1. 2008/02/12(火) 23:27:41|
  2. コミュニケーションって|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

うっーうっーうまうま♪

今日は、ゆるいエントリ。

zoomeをみてびっくり。これってパ☆リって言わないの?!

アッカネットワークス提供の「ニコ動+SNS」なサービス。

もう、なんでもありのネットの世界らしい進化と思います。

しかもニコ動がリリース2006/12/12で、ズーミーは2007/1/30。
偶然?キャッチアップ早すぎ(笑)
1年たった今、参加人数はかなり違いそうだけど。。。
(現在、動画投稿数、約72万vs約2万)

会員にならなくても動画が見られるところがちょっと違う。
それと、おそらくサービスの構造からして、
タコツボ的な部分を促進すると思う。
(タコツボ的と言うのは、お互い嗜好が合う同士で
一緒になって楽しむ方向の意。)


たまには、もう、とにかく楽しければいいや。(笑)



↓「CARAMELLDANSEN 中毒版」

夏とかに、こういう外国からのとにかくノリのいい
マイアヒみたいな楽曲って流行りますよねー。
  1. 2008/02/11(月) 20:07:07|
  2. ウェブ系の話|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:3

人とのつながり

仕事ができるということは、単に知識や経験だけでなく
もっといろいろあるんだってことは頭ではわかっていたけれど、
生意気だった新入社員の私に、ある先輩が教えてくれた言葉は、
「どこでどうお世話になるかわからないから、ね。」だった。

それまでそんな発想はなく、とても反省して、それからは
その言葉を心に、過ごしてきたけれど、
今日ほど、人のつながりをものすごく「有難い」と感じたことはなかった。

人は人を、ちゃんと見てくれてるんだな、と。
辛いときも、楽しいときも、どこかで見てくれているんですね。

そのことが、有難くてしかたない。

自分の事なんか考えてくれているはずなんかないと思ってた、あの偉い人。
新入社員のころ助けてくれたあの人。
自分とは遠いと思っていたあの人。
もう部署が離れてしまったあの人。

でもみんな、ちゃんと見ていてくれてたんだ、と。


実力なく裏でコソコソやっても結局アレだなと。
裏表なくやっていることが、逆に社会人としてダメなんじゃないかと、
自信をなくしたときもあったけれど、
やっぱり毎日ニコニコと、真剣に仕事に取り組んで、正々堂々とアピールして
実力でお声がかかることが何よりなんだと改めて、思いました。(^^)
  1. 2008/02/10(日) 01:28:44|
  2. ひとりごと|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1
…BACK | HOME | NEXT…