ひよぷら日記

ひよっこプランナーが日々思ったことをつらつらと。自分の備忘録として。 メディアとかマーケティングとか広告とか。

コンテンツはないです。

このあいだある有名ブランドの社長が、ある場で
面白いことを言っていたのだ。
(念のため:ブランドって、広告用語のブランドです。)

はっきりと、そのブランドにはコンテンツはないと言っていたのだ。

そりゃそうだな、とも思ったんだけれど、
一方で、なるほど、と思った。
ブランドの「中身があまりない」ほうが、どうも売れるようだ。

ブランドの中身があんまりない、というと失礼だが、
直訳したら「中身」ですよね。(他の意もあるケド)

そういう意味じゃないよーと誤解されるかもしれないので、ちゃんと書くと、
「ブランドにコンテンツはない」イコール、
「商品のUSPだけでは差別化できず
ブランド人格なども強烈でない」ブランドです、
と言ったも同じですよね。


たとえばウィンドウズとマック、を考えてみると、
マックはものすごい人格がはっきりしてる。
まあ、ジョブスの影響強すぎだけど。(笑)

一方でウィンドウズはよくわからない。
ビルのキャラはなんとなくわかるけど、あまり結びついていない。

さて、シェアは誰もが知るところですよね。

これはいろいろなところに見られるパターンで、
カフカの「異邦人」でこれを最初に知った感じもするし
アイドルの栄枯盛衰をみて知った感じもする。

つまり、あまりはっきりしていないほうが、”もてる”。

どうでしょうか?
好きなアイドルのことはもっと知りたいと思う内が一番楽しかったり。
癖のあるところを見たとたん、好感度が落ちたりしませんか?

もちろん何にもないのではダメなようです。
ある程度、黄金の法則のような普遍のなにかが必要なようです。

文学で言えば、時代風俗描写に偏るものや、
あまりに狭いテーマに絞ったものは
それだけ読者を狭めるようです。

あくまで普遍的なテーマで、解釈を読者にある程度ゆだねるもの、
それこそが、ロングベストセラーの共通点のように思います。

さてブランドの話に戻ると、
USPで差別化できたり、個性的なブランド人格があるものは
それだけでコミュニケーションのやり方ははっきりするし、
ちゃんと伝われば売れたりファンがつくでしょうけど、
天井がすぐに来るのではないか。

逆にUSPで差別化できなかったりあいまいなブランド人格であるほど、
コミュニケーションでいくらでも差がでる可能性が高い。
難しいけどやりがいがある。

そしてその方法のひとつは、個性をはっきり持っている、
外のコンテンツをバシバシ使いたおすことだ。
自分でなく他にやらせて、欲しいイメージだけ自分とオーバーレイさせる。

実際に件の社長の話を伺っていると、
彼らは外からのコンテンツとのコラボレーションによって
消費者とのコミュニケーションを補うやり方を
採用しているということがわかって面白かった。

大きいシェアの商品ほどあいまいで、
少ないシェアの商品ほど個性がはっきりしているのはナルホドですね。

なぜルイヴィトンは村上隆とコラボしたか?などという問いは
ある意味、聞くまでもないことなのでしょう。

(余談ですが、そういう問いを特集にたてた雑誌がありました。
あれはあえて、聞くのが雑誌の使命というか、センスなのだと思います。)
  1. 2008/05/08(木) 23:44:53|
  2. コミュニケーションって|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

いいオンライン広告をやりたいよね

オンライン広告媒体をコミュニケーションの手段としてではなく、
単なる媒体としてみている人が従来マス媒体より多い感じがする。

まーそれは各社のセールスの仕方にも問題があるっぽいけど、
突き詰めると媒体に責任があるわけではなくて、
なんかネットの世界は無限に「感じる」ため、
うまくやらないと安売りになりやすい市場なんだなと思う。

媒体を単なる媒体としてみなすとき、
とにかく価格を叩くことを考えてしまったりするけれど、
本当に大事なのはそういうことではない。
媒体はあくまでコミュニケーションの手段で、
良いコミュニケーションをすることが目的なのだから、
媒体を単に安く買えばいいということではない。
安く買えればそれに越したことはない程度なのに、
それ(価格とかCTRとか)に血眼になる人が多い感じがする。

CTRはあくまで過去の他人のもの。
まあそれもひとつの指標で大事なんだけど。
でもそれがメインじゃない。

土地みたいに、ラテは時間が、新雑は紙の面が有限なわけだけど、
有限のスペースは希少性により値が高騰する。
そうすると、希少なスペースに何を乗っけていくかはみんな真剣に考える。
だからクリエイティブにも相応の金額をかける。
でもオンラインでは人によって温度にばらつきがあるのよね。

あれは何でなのかなー。
長い目で見ることができる人の媒体の買い方と、
短期的な考え方の人の媒体の買い方は明らかに違うんだよね。

オンラインは、ATL/BTLの役割が混在するメディアだということを
意識して使える人とそうでない人がいるんだよな。

ここらへんの意識向上キャンペーンは
最近各社が布教しているので安心なんだけど、
一方でブラパネ売っておけばおけ?みたいな流れもあり、
それもどーなんだと。

とかブツブツ書いていたら、タカヒロさんの
こちらのエントリ
にとても共感。

てか、こんなシンクロ(というにはレベルが違いすぎて失礼だと思うけど)
するくらいなら私はブログ書かなくてもいいかもという気がしてきた。(笑)
  1. 2008/04/18(金) 00:01:25|
  2. コミュニケーションって|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0

コンテンツに広告は乗っていかない…のか?

前回の続き)
なぜコンテンツに広告をのっけていくだけでは難しいのか?

それは細分化してしまうから。という話は前回の記事のとおり。

セグメントも細かすぎると、ピンポイントでは使えるんだけど
大概は「使えなーい」ってなってしまう経験は多くの人が持っていると思う。
要するに媒体パワーが弱いだけにしか見えん。
束ねてまとめますかって話になってくる。

なので、細分化してしまうコンテンツは
広告媒体としてまだ課題があるな、と思うのです。

では、なぜ細分化してしまう、というか現にしている(と私は思う)のか。
という話を思考の整理のためにまとめておきたい。


えっと。突然ですけど。

だってぶっちゃけ、
世の中がどーとか、世の中で流行ってることとか、よくわかんない。

周りの友達のあいだで流行ってるから、(←ここ大事)
あれは見たよ/買ったよ/mixiに書いたよ/ブログに書いたよ
でもそれ以外、つまり自分と自分のまわり以外は、どうでもいい。

っていう、感覚。

どっかにないですか。

私はある。というか、そんな感じを今の人に感じる。

今の人をダメだとか言いたいのではなくて…
うまく言えないんだけど…
コミュニケーションや情報が極端に断片化しているような
感じがするのです。

昔はニュースを知りたいなら、たとえば、新聞を読む。
そうすると、自然と新聞社のデスクの記事の割り振りに影響される、
つまり世の中をみるフレームみたいのもわかるし、
他の情報も一緒に並んで入ってくる。
これが断片化していない状態。

家庭で言うなら、家族一緒にそろって手作りのごはんを食べるの図。

でも今ってどうでしょう。
ヤフートピックスでも良いし、
カスタマイズしたグーグルニュースでも良い。
下手すればRSSとかで欲しい情報だけ「抜ける」
気になれば検索で一本釣り。
これが断片化した状態。

家庭で言うなら、バラバラに食べてる感じ。
そして買ってきた惣菜とかを並べて食べる感じ。

要するに、「欲しいものを欲しいときに、欲しいだけ」欲しい。
そんな状態がずっと続いていて、情報もついにそうなってしまった。

インターネットの技術がここまで発達していないときは、
情報をバラバラにできなかったけど、今はできる。

家族がバラバラになってしまった理由はわからないけれど、
いろいろあるんだろう。
そこらへんは社会学の領域なのかもしれないのでわからない。

おそらく個人のニーズに極端にあわせた結果で、
「自分の周りだけ」に関心が向くように、なったのだろうと
私は予測している。

いや、向かざるを得ないといっても良い、
なぜなら断片化が始まると統合状態に戻るのはとても難しいからだ。
そして断片化が細分化を後押しする。

この状態は都合が良いし心地よいのだけど
本当は、それだけじゃ嫌で、どうしたら一緒につながれるのか、
探っているような感じがある。

残念ながらこれ以上の深い思考は私にはムリなようだ。

ただわかるのは、
このトレンドは以前からずいぶん長く続いているし、
技術やサービスの進化により、年々分断化が進んでいるということ。

事象は技術によって表面化されただけということ。

共振を求める人々に対し、毎年変わる技術プラットフォーム状況…
それがここ数年のブームを規定しているように感じられること。
結果リミックス・再統合・マッシュアップが流行る。

では08年はいかに…。

そこを考えるのが仕事の一部だな〜。
  1. 2008/04/10(木) 20:39:30|
  2. コミュニケーションって|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

コンテンツ、コンテンツっていうけど

やはり!
と心のなかで思ったのは私だけでしょうか。

おそネタですが。(この記事リアルタイムで読んだのに忘れてた。えへ。)

コンテンツに関するNRIの知見がとても興味深い。
「娯楽の王様はコンテンツからコミュニケーションに変化している」
かなり、賛成。です。

別記事「Everything goes digital?」
でも書いたけど、
よく言われる予測で、
”今後はコンテンツに広告を乗っけていくことになるだろう。”
(中略)
本当にそれだけ?ちょっと斜めのまま注視したい。
私はやっぱり斜めのまま見てました。(笑)
いや、広告はコンテンツに乗っけてく、それもオオアリだと思うのよ、
でもね、アナログなやり方とかもアリじゃないのって話を書いたのだけど、
NRIの知見「(今の)娯楽の王様はコミュニケーション」のほうが、
広告よりに考えていない分だけ、本質的かもしれません。

なぜコンテンツに広告を乗っけるのは厳しいかというと、
それだと、どんどん細分化していくだけだからだ。
強力なコンテンツがあればいいかというと、
そういうコンテンツはごく一部だけにどんどんなる。と思う。

その理由はまた別記事で…。
  1. 2008/03/25(火) 20:16:30|
  2. コミュニケーションって|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

女子のキモチ

しかし、いろんな人に先日よりご来訪いただいたようで、
ホントびっくりです。どーもです。
まともなこと、ちょっとは書かないといけないかなぁ。(笑)

さて、

書く書く、と言っていながら放置ネタだった、
ターゲットインサイト@ウェブサイト

で書いた、女性向けのサイトをもっと増やして欲しい!という話。

本当に、ウェブ以外の施策は完璧なのに、
ウェブだけ女性にとって「刺さらない」サイトっていっぱいある。
スキン変えただけじゃん、みたいな。

とはいえ、ウェブを雑誌の4c2pタイアップと
同じように捉えるようになったことは
とてもとてもすごい進化だと思っていて、
その点で私は「カワイイをつくる.com」はスゴイと思っています。

今注目しているのは、プーペガール

この話を会社の先輩(男)にしたら、
「あーそういや、PS*で着せ替えができるっていうソフトあったよね、
あれとかってホント女性ならではの視点だよね」と言われた。

違うの違うの、そういうことじゃないの、
きせかえが面白いんじゃないんだよぅ。

「えーでもコーディネイトとか考えるのに楽チンじゃない?」

P*P起動することのほうが女性にとってはメンドイよ。

ううう。わかってほしいこの女子のキモチ。

女の虚栄心、見せびらかしたいキモチ、褒められると優越感、
ささやかな競争意識、みんなと同じが良い、けど細かい差別化がポイント
かわいい自分が好き、理想的な自分を演じたい、
友達と仲良くしている自分は良い人で好き、
そしてお得への飽くなき追求、簡単楽チンへの欲求…などなど。

具体的に言うと…
ほら、女性って髪切ると、
「髪切ったの〜♪」
「ホントだぁーカワイィ〜」
「ほんと〜?ちょっと切りすぎちゃったかなぁと思ってー」
「そんなことないよ、カワイィよ〜」
とかやってるでしょ。あの一見無意味に思える会話。あれですよ。あれ。

女子心のいくつかをうまーく押さえたものが女性に受けるんですよ。
サイトも同じ。たぶん。

その点、プーペガールはちゃんとわかっているのだ。
かわいくって、直感的で、簡単で。
友達にさりげない自慢ができて、お互い褒めあって喜べる仕組み。
しかもフリマでいらなくなった服が売れるなんてお得♪

うまい!作った人どんな人?と思ったらやっぱ女性だった…。

結局、この業界、女性がどれだけいるの?って話とも絡むのかもしれないけど
たとえば昔の資生堂の広告では男性クリエイターだって
バリバリ活躍していたんだから、
男女の区別などなく女性にとって魅力的な
広告や仕組みを作り出すことはできるはず。
一緒に良いお仕事みんなで作っていけたらなぁーと思うのでした。
  1. 2008/03/08(土) 00:18:10|
  2. コミュニケーションって|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
…BACK | HOME | NEXT…