ひよぷら日記

ひよっこプランナーが日々思ったことをつらつらと。自分の備忘録として。 メディアとかマーケティングとか広告とか。

ARGとかゲーム×広告とか

最近は実務ばかりで、ちょっぴりグチ気味でしたw

ほわーと考えることも大事よね〜。

最近耳にする表題みたいなワード。
決して新しい概念じゃないんだけど、もやっとしていたものが
単語になることで急速に動き出すことがあるので、注目中。
(ネーミングセンスがもう少しな気がするけど)

※ARG=Alternative Reality Game
※ここでの「ゲーム」は、
ゲーム内広告とか、サイト内ゲームも否定しないけど、
メインはゲームの概念を広告に応用するという話。

このあたりのワードの共通点を探していくと、
星新一のストーリーを思い出す。

人類がだれもいなくなったことを確認するための機械の話。
ある日、機械は誰もいなくなったことを知り、
爆発して無くなってしまう、というストーリーだったと思う。(ちとあやふや)

さて、その機械はどんな機械だったか?
とてもシンプルな仕組みで、
どうやって人間だけを判別できたのでしょうか。


それは、












ボタンと腕が付いているだけ。

ボタンを押すと腕が動いてボタンを元に戻すだけ。
人々は、なんだろうと思って、
その装置に近づきボタンを押し、
何でもない動作を見ては首をかしげて去る。



人間の好奇心をうまく使った機械だなと思いました。

なぜか、触りたい、押してみたいと思う、反応を見て面白がる、
その好奇心は、人間ならではですよねー。
(キーワードその1:好奇心)

好奇心の強い動物も一部はいるけれど、
人間はお互いに伝達しあって知恵を組み合わせていったりする
レベルがかなり違うかなと思ったり。
(キーワードその2:ソーシャルコミュニケーション)

動物は生きるためにやってるけど、
人間は単純に情動を動かされること自体を楽しむことが出来る。
(キーワードその3:情動と官能)

これら3つのキーワードがどうも
ARGとかゲーム×広告とかの話に関連がある気がしてならない。
おそらくこの3点のコンボがARGとかの
成功するキャンペーンじゃないかと推測している。


話の角度はちょっと変わって、実は私はゲーマーだったりします。

ゲームとかだと、わざとらしく宝箱がおいてあったりして、
それを開くと何かアイテムが!とか。
で、友達と、あの洞窟の宝箱は○○が出るよ!とか情報交換する。

でも元々ゲームって現実を単純化したメタファであって、
現実でもそういうことはたくさんある。

だから、逆転の発想をしてしまうと、
広告は意識的に現実でやっているゲームであるとも言える気がする。

この現実というゲームを、です。

神様ではないので、すべてをコントロールできることはないけれど、
「一部だけ」参加しているようなものじゃないかなぁ。

広告を考える側は、
現実のルールを変えるプログラマーであり、
メッセージと世界観を作るプロデューサーなのではないかと。


ARGは、現実世界と虚構(架空の事件、オンライン上の出来事など)を
織り交ぜながら展開すると言われているようだけど、
私の中ではゲーム(=虚構)と現実世界の融合はデフォ。

ゲームのグッズが売れたりするのも
結局はそういうことだよねと思っていたりします。

プーペガールもバーチャル世界と現実世界の融合具合が面白い。
ルイヴィトンのキャンペーンは大正解だと思う。
(まあ多少気になる点はありつつも…)

日常会話でも一部の人とは
「それってメタルスライム並じゃない?」とかで
話が通じるし… ^^;

けっこう今の若い人やゲームに親しんでいる人は
虚構と現実の融合はデフォなんじゃないかなぁ???


あー久々に長文投稿したわー!
  1. 2008/05/24(土) 18:49:17|
  2. コミュニケーションって|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0
<<好きなブログから興味が失せる、ある瞬間 | ホーム | いまさら感満載ですが>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://pansie.dtiblog.com/tb.php/66-b330c902

-

管理人の承認後に表示されます
  1. 2008/12/23(火) 18:56:22 |
| HOME |