ひよぷら日記

ひよっこプランナーが日々思ったことをつらつらと。自分の備忘録として。 メディアとかマーケティングとか広告とか。

ハマリキューでのセミナーに行ってきた

ヌシキョーのハマリキューでのセミナーに行ってきたといえば、
あ、あれのこと?とわかる人にはわかるはず。

いやーすっごく面白かった。

新鮮な切り口のお二人に続いて、「水と生きる」あの会社の広告部長、
そして、ベムさんも登場し、それぞれが講演。
まさに最先端の情報を握る各氏ですよ!
大御所のTHEおだぎりさん(そう呼ばれていた(笑))も最後に登場。

意図したのか、意図していないのか、
主サイドの広告部長を除いた3人の共通ポイントは、
受け手が主役ということだったと思う。
-the agency of the year:the consumer (Ad age '06)
-アマチュア制作の方が刺さる。クラフトとしての代理店のクリエイティブはどこへ?
-一般の人の情報流通力が上がっている
-消費者はメディア
-新しいコミュニケーション設計は…
-インサイトを考えるということが現場まで降りてきている
など表現は各氏変わっていても、
同じポイントを見ているような気がしてならなかった。

最初の講演者、前澤氏が、
はっきりとしたコミュニケーション設計のモデルを
示されていたことは改めて勉強になったし、
イマドキの流行語(クロスメディアとか(笑))に
惑わされている人たちの多い昨今を考えると、
みんなの考え方のベースがこれになったら
どんなに進歩するだろうと思った。
特にステップを飛ばさないこと、については
(たとえばいきなりCRアイディアに行かないとか)
日々、現場で痛感することです。

高松氏のお話は、きっと文字にしてしまうと
「あーそれね、はいはい、知ってる知ってる」になってしまいそう。
私も最初は面白いメディアの使い方する人だな、くらいにしか
思っていなかった。でも真相は違った。
もうこの方、広告屋じゃないです。人を動かす屋です。
本当に、人が何を欲しがっているのかを
見抜いて動かすことに長けている。
それは今までの広告の枠をはるかに超えていて。
まさにコミュニケーションエクセレンス。
(昔のCEDというのを思い出した方、挙手(笑))

広告代理店の役割は変容しつつある今、
その未来像として、素敵で、まぶしいと思う。

一方で、やはりいろんな意味で王道戦略の会社ご出身だな
と思うのですが、全員が勝てるわけじゃない、よね。
そこまで突き詰められないクライアントに対してどうする?という
問題は他の人にバトンが渡っているのでしょうね。

ベムさんのお話は「主」向けにアレンジされていたけど、
逆に、なるほどこう話すのかーと。
基本を押さえてお話される姿が勉強になりました。

それと、今このタイミングで主に対して何を話すのだろ、
というのも密かに興味を持っていた。

今のネット広告の苦悩もさらけだし、海外事例も紹介するベムさんは、
実に誠実で、実に2.0で、熱かった。
ネット広告の業界には自分さえ良ければという人も多いのに…。

パネルディスも違う意味で興味深かったし、大充実の半日でした。

さてさて、これから社内向けの詳細レポートを書かなくては…。
かなりボリューミーになりそう。
  1. 2008/11/29(土) 00:00:40|
  2. プランニング関連|
  3. トラックバック:3|
  4. コメント:1
<<代理店のニコ厨が1000万IDを祝う会 | ホーム | 祝ってみた☆>>

コメント

> アマチュア制作の方が刺さる。クラフトとしての代理店のクリエイティブはどこへ?

↑まさにプロサンプションの時代、というわけですね、
と自分の領域にもってってみるw

いやでも僕がプロサンプションに拘ってるのは、こういうことです。

これからのプランナー、クリエイターは、「ビジョナリスト」「コーディネーター」になることが求められているなあ、と日々考えております。

是非、5日(金)にお会いしたとき、色々と聞かせてください♪
  1. 2008/12/01(月) 14:39:07 |
  2. URL |
  3. Life2.0 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://pansie.dtiblog.com/tb.php/103-8a3d7dd7

-

管理人の承認後に表示されます
  1. 2011/12/14(水) 20:03:03 |

-

管理人の承認後に表示されます
  1. 2011/11/04(金) 02:48:51 |

-

管理人の承認後に表示されます
  1. 2011/06/10(金) 08:57:32 |
| HOME |