ひよぷら日記

ひよっこプランナーが日々思ったことをつらつらと。自分の備忘録として。 メディアとかマーケティングとか広告とか。

なかのひと、を知れば知るほど

ネット系媒体社さんのQ毎の売り上げに対するガッツは本当に尊敬してます。

カルチャーとスパンが他の媒体と違うのだろうけど…。
最近やっとこの媒体のスピードに慣れてきました〜。

気のせいですかね、
ポータル某社さん2社が揃えたかのように
おなーじ時期に来て下さっているような?
他の会社の方も特定の時期に集中するような?

今って、今のQの数字積み上げと次のQのために、
セールスをかけたり、進捗をみる時期なのかな。

なんかそういう周期ってあるのかなー。

そういう定期交流もある一方で、
ここのところ、かなりの名刺交換をさせていただいたりで、
かなりの時間をコミュニケーションに費やしている最近です。

で、本題。(前振り長っ…)

自分が興味のある媒体さんや協力会社さんと
お話できるのは本当に勉強になるので、大好きですし
ご紹介は積極的にお受けすることにしています。
ありがたいことです。

でも最近ちょっと悩みます。(゚∀゚;)

なかのひと、と会えば会うほど起きるある現象に。。。
(とは言っても営業さんがほとんどなので、
「なかの」ひとまでには1枚まだあるけれど)

やっぱり人間だから、直にお話させていただいて、
その会社の雰囲気やカラーを知ると、好きになるわけです。
(嫌いになることはほとんどないですね〜。)
すると、そこに感情が入ってきてしまうわけですね。

まあ、割と仕事のときは計算高く冷たいと自分でも思う(笑)ので
いざとなるとばっさりいきますが、感情を抜きにしても、
まさに自分たちが広告で扱う、
「第一想起」ってやつだったり、
「FRQによる理解度の深まり」などが
影響するわけですね。

当然、コミュニケーションのある媒体の方が想起され、
お会いしていない媒体のことが想起されなくなるわけです。人間だし。

そうすると、プランニングのときに、
提案しようと思うかどうかに影響が出るのではと。

なかのひとを知れば知るほど。

俯瞰図も大切にしないと
ゆがんだ地図ができてしまうような気がするのです。

冷静なプランニング、よいバイイングって何でしょう。
美しい両立はありえるのか?
を、問われる形となりました。

やはし、分離すべき職能なのかもしれませんし…ね。

木も見るけど森も見る!森をみて木を見る!
みたいなことを求められているのかもしれません。

しかもその森の見方にもセンスが求められるしなぁ。

8月に個人的な夏休みの自由研究があるんで、
このあたりのテーマでも取り組もうかな〜とか思ってまぅす。
  1. 2008/08/01(金) 02:32:46|
  2. プランニング関連|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2
| HOME |