ひよぷら日記

ひよっこプランナーが日々思ったことをつらつらと。自分の備忘録として。 メディアとかマーケティングとか広告とか。

アフィリと欲しいモノとの関係

欲しいものがある。

トーストがすっごく美味しく焼けるというトースター。
ホテルで焼いてもらうみたいに美味しく焼ける、
外はパリッと、中はふんわりモチモチ♪


理想の朝食の一つが美味しいパンの朝食。


大学のフランス語の授業で、
「パリの人はパン屋のそばに住んで、朝ごはんは毎朝買いに行く」
と習ったことに影響されて(本当なのか未だわからない)
”そーか、美味いクロワッサン食べたければ、出来立てなんだな。”
と思って以前引越し先の選定条件に
・近所に美味しいパン屋
を加えたほど、朝食への思いは熱い。(ただし、現実はほど遠い。(笑))

美味しいクロワッサンを食べることは達成されたので、次は美味しいトーストなのです。

しかし、このトースター高い。

そもそもこのトースターはある本の題名にもなっていて、
有名な方が雑誌で連載していた話に憧れたのが最初の始まりでした。

その後、トースターの名前を忘れてしまい、また友人に教えてもらって、
もう何年もこのページを見ながら悩んでいる。

なにかのきっかけで、ふと買ってしまうかもしれない。

けど、そのときに、アフィリ経由とかなのかな。(ーー)

アフィリを考えるとき、私はこのトースターのことを思う。
アフィリって、購買直前のちょっとしたきっかけかもしれないよね。
でも、これを欲しい、って思わせたのは、
その雑誌であり、そのコラム連載していた方。
そしてそれをリマインドして記憶させたのは、私の友人。

いわゆるAIDMAで言ったら、どこが一番貢献してる?

このケースでは、AIDMの部分までには、ほとんど支払われない仕組みになっている。
(雑誌は買ったからちょっと差し引くとして)
なんだかそれが私は寂しいなと思う。

雑誌の現状を見ていても思う。
きっと雑誌は役に立っているのに、効果があるのに、
それが証明しにくい、回収しにくい構造的な仕組み。

そもそもAIDMAが正しいのか、という話もあるんだけども、
Web広告系の話で、こんなに効果が上がりました的な話や
過度にWebってすごいです的なを聞くと、
時々それは本当にWebだけが貢献しているのか?とつっこみたくなる。

もちろん、純粋にWebだから効果があったと言えるものもあるのですが、
もっと世の中って複雑だよね?広告って単純じゃないよね?
効果論って慎重になるべきだよね?
と思ってしまう。

その点、わかってる人は本当にわかってて、
セミナーに行くときはちゃんと見抜いて話聞かないとなーと思ったりするのでした。
長くなってしまったので、ここらへんで。

(あ、でもアフィリ自体はいいと思うけどね。自分もトライしてみよっと。)
  1. 2008/01/03(木) 00:56:33|
  2. ウェブ系の話|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
| HOME |