ひよぷら日記

ひよっこプランナーが日々思ったことをつらつらと。自分の備忘録として。 メディアとかマーケティングとか広告とか。

Everything goes digital?

確かに私のポジションはオールド系なのだけれど、
だからといってネットや新しいメディアについて否定的なわけではないです。

よく言われる旧来メディアとネットの対立みたいな話を聞くと
ため息がでるタイプのオールド系です。

PC暦も20年近くあるしさっ。

って前振りを前提として…

Everything goes digitalな雰囲気の話を聞くことが多いけど、それはないね
って話を書き留めておこうと思います。(今回はdigital or not digitalの軸で)

こちらは、すでに2005年に書かれた「メディア環境研究所」の
エントリの一部から引用なんですが、

1996年にインターネットの国際会議がモントリオールであって、そこに呼ばれたんです。そのときのテーマは「いかにフィジカルな空間を飛び越えてインターネットを使ってコミュニケーションをするか」ということだったんですけれど、それを話し合うためにみんなわざわざモントリオールに来ているんですよ。「何で来ているの?そんなテーマならそれこそネットでやればいいじゃない」って聞いたのですが、そうしたらみんな言ったのが「ここに来るとみんなに会える」っていうことなんです。同じ興味を持った人に会えば、いろんな話が出来るし、無駄話なんかも始まるけれどそういう中からいろいろとアイデアが広がったりする。そこが重要なんですね。情報の中にはデジタルになるものもあれば、ならないものもあるんです。だから大事なのは「デジタル化が一番そのコミュニケーションの特性に合っているかどうか」を考えるということです。今の日本の情報化は、イコール「デジタル化」なんですね。でも大事なのは例えば地域を情報化するというときに、メディアはWebがあってもいいし、チラシとかパンフレットのようなアナログなものがあってもいい。実際にみんなで会って情報交換できる場ももちろんメディアです。今はその辺が逆になっていると思います。実はホワイトボードとリラックスできる会議室があることが実は最適な「情報化」だったりするんです。でもそういうことはメディアでは取り上げられないのですが。
この話は、メディアリテラシーとはという話の流れなので、
広告関連の話ど真ん中ではないです。

ただこれを読んで深くうなずいたのは、
コミュニケーションってデジタル化できない部分もとっても大切だよねってこと。
つまり、アナログのコミュニケーション手段を、
ROIとかだけじゃなくてもっときちんと評価すべきではないか。

今までは情報が媒体に乗って届けられていて、
そこに広告も一緒に乗っかっていくことが多かったわけで。
ところがデジタル化による情報革命によって媒体が解体されてる。
(ニュースサイトがあるから新聞はいい、とか)

よく言われる予測で、
”今後はコンテンツに広告を乗っけていくことになるだろう。”とか、 
”その時その人に適切な情報を届ける広告(ケータイとかリスティング使って)”
というのは、間違ってないと思うのですが…。

本当にそれだけ?ちょっと斜めのまま注視したい。
アナログのコミュニケーション手段が再評価されるという予測もあると思います。

なぜ交通広告が一部で人気なのか、屋外が、イベントが、店頭が重要視されるのか。
もちろん商品特性にもよるし、万能のフォーミュラは存在しない。
ひとつだけあるとしたら、
大事なのは『デジタル化が一番そのコミュニケーションの特性に合っているかどうか』を考えるということです。
なぜなら、
情報の中にはデジタルになるものもあれば、ならないものもある
これが、本当のところじゃないかと私は思っているのです。

ごくごく当たり前なことで何も発見ないのかもしれないけど、
でもそういうことはメディアでは取り上げられないので
たまには当たり前を確認しないと、と思いまして。
…メディアで煽られているようなこと、そんなことは現場の誰も思ってないと思いたい。
  1. 2008/01/30(水) 21:04:19|
  2. コミュニケーションって|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

秘密は秘密のまま

ブログを書き始めて、本当に良かったと思う。

他のブログもよく読むようになった。

相変わらず私のブログはウェブにぽっかり浮いた島のように
誰も来ないし私しか知らないのだから、
日記みたいなものなのだけど。

ブログだと、あらゆる人から見られる可能性を書いて書くところがいい。

もっとつっこんだ話もしたいんだけどな。
仕事してて思ったこととか。

でもそれは秘密。

たぶんここが広告の秘密、という部分にうっかり触れてしまう可能性がある。

そういうのを書いちゃう人もいて、あーあとか思うんだけど。

自分で商売している人はいいですよ。でも会社員がそれやっちゃマズイよね。

だから秘密は秘密のままで、というのが私のブログのスタンス。

リアルの場所で、思いっきり仕事の話すればいいと思う。
ブログのトラバで議論が盛り上がるのもいいけど、
飲み屋で激論みたいのは、キライじゃない私なのです。

でもそういう一連の作業を通して、
どこがどうでもよくて、どこがコアなのか、がわかるのが、とてもいい。
(少なくとも私の頭の中で。真実とは離れているのかもしれないが)

ついでなので、話してしまうと、
もしある程度ブログで秘密を「出しちゃう」なら、
その分、代替案を出したほうが良いと思ってる。
(もちろんそれが秘密に該当するならそもそも出せないけど)

これは日経ビジネスの例のひどい煽り記事にも思ったけど、
ネットがスゴイ、TVはダメだ、みたいに煽っておいて、
不安にさせるようなデータで暴いて、
で?っていうのはやめたい。

いろんな人が読む可能性を考えて、
前向きで建設的な提案をしたほうがいいと思う。
じゃないと、今までの利益構造を揺さぶっておいて、
修復はあとよろしくって感じになってしまう。
それで迷惑をこうむる方がいることを考える想像力が欲しいと思う。

私が将来この人と話してみたい、と尊敬するブロガーは、
そういう想像力があって建設的だ。

FTR (For the record)

ベムさん
是永さん
広告βさん
じだらくさん
suicadayoさん

a lot more のはずなんだけど、今はぱっと思いついたりするままに。

…しかし、いつまで私のブログは孤島でありつづけることができるんだろう。
人が来てくれて、レスポンスが返ってくるのは嬉しいけれど、
スパムコメントを掃除しながら、ひっそりやってるのも良い。
  1. 2008/01/25(金) 22:27:12|
  2. ひとりごと|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1

面白い〜

日産NOTE、CMで見たとたん、うわー(嬉)と思ったけど、サイトもすごい面白い。

これはポイント高い☆とくにこのコンテンツ

人工知能が答えるのはいままでもあったけど、
やっぱり男女共に好かれるのは、ノリがよくて笑えるものかも〜。

つくりは今までの手法てんこ盛りだけど、ネタが何せ面白いからイイ。
細かいけど、すごくいいなと思ったのが、コメントが下に流れること。
マツダのtwitter使ったキャンペーンでも使われていたけど、
こういう非同期の盛り上げ方は重要だと思います。

ブログパーツもノリノリでいいです☆



その点、ちょっと某au*iのキャンペーンサイトは
渋いというか、うーん、ちょっと重いかな?
某サイト:問い続ける男

車好きの方はこういうの好きなんですかね。
ターゲットに合っているなら、外野は黙ります系でごめんなさい系。
雑広はカッコイイ。

  1. 2008/01/24(木) 20:51:45|
  2. LOVE☆なもの|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ルールを作った人はすごいなぁ

仕事でネット関連の情報に触れていると、
時々、「とてもやってられん!」とちゃぶ台をひっくり返したくなる気分になるときがある。
(ありません?)

新しい話がどんどん出てきて、
せっかく構築した頭の中のマップを再構築しなくちゃいけない。
今までの常識が全然違う話になっていることもザラ。
ネットを使った広告成功事例だって、1個できればその手法はもう使えないか、
あたりまえになってしまうと思ったほうがいい。次を考えなきゃ。

もう、どこまで追っかければいいんですかと。

それに引き換え、テレビってのは楽だよなぁ、なんて言われたりするけれど、
これって凄いホメ言葉じゃないのかなぁ。

だって、きちんとルールがあって、構造があって、
それで多くの人の収益源になってる。ビジネスとして安定してる。

本当は、ネット広告業界には、ルールと構造が必要なんじゃないか?

たしかに、今のPVベースの売買は1.0的なのかもしれないけれど、
あの時代に、旧来の発想をかぶせてなんとか商業ルール化した功績は、
私は、大変素晴らしくて凄いことだったんじゃないかと思ってます。

もっとあるよね、ネットならなんかできるよね、っていう、
あの万人の万人に対する闘争状態をやめて、
もっと全体のための建設的な企みにみんなの知恵を使って欲しい…。
(って、外野から言われても。って感じなのかもしれないけど。)

引用するのは間違ってるかもしれないが、
今必要なのは、社会契約説なんじゃないか?!
  1. 2008/01/22(火) 22:49:19|
  2. 雑談|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

素敵なプランナーは素敵な人

いわゆる「my統計」によれば
(my統計…今まで自分が出会った人をサンプルとする、勘と直感のデータ(笑))

素敵なプランナーは素敵な人である、

ということがわかってきた。

魅力的なプランを作るプランナーは、人間としてもとても魅力的。
話がうまいとか、物知りだとか、小手先のことなんかじゃないのだ。

最初に会った瞬間から違う!
話してても、話の流れ方が違う!
飲んでても、間合いが違う!

もうね、人そのものが、企画書みたいに
しつこくなく、わかりやすく、もれなくだぶりなく、
へーって思って、うんうんとうなずきたくなる、そんな人ばかり。
しかもそれぞれ個性的で。

逆か。人が企画書に現れるんでしょうね。文は人なり。

マーケティングとかの勉強をするのもいいけれど、
人間として魅力的であるように努力することが、
とてもとても大切なような気がする、そんな今日この頃です。

そして、たぶん、私がこの仕事が好きな理由は、
そのあたりにあるような気がします☆
  1. 2008/01/21(月) 23:31:07|
  2. my統計|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
| HOME | NEXT…