ひよぷら日記

ひよっこプランナーが日々思ったことをつらつらと。自分の備忘録として。 メディアとかマーケティングとか広告とか。

センスのいいケータイサイトってなんだろう

最近ものすごい勢いでケータイにハマっている。
今日も某消費財メーカーのケータイサイトを見ながら帰宅。

ところで、私は「いいなーこれ!」と思ったサイトは
いくつかに分類して観察しています。

ものすごくざっくりな話だけすると、
1)旧来メディアの中身をそのまま持って来ちゃうもの
2)古い言い方でいうと2.0なやり方のもの
3)もう一種の革命、歴史を変えてしまうような技術によるもの

もちろん最後のはほとんど存在しない。

体力あれば1番のやり方だけでも、いいと思う。
いや、そこためらわないでいいと思うの。
そういうのは古い、1.0だ、みたいな説もあるけど。
思いっきりやれば逆にメジャー感あると思う。

ただ、旧来メディアと同じようにやっちゃうと、センスないわけで。

話が飛躍したように感じられるかもしれないが、
日本語と英語のあいだには、微妙なニュアンスがあるのと
同じように、旧来メディアとケータイのあいだには、
微妙な差があるように思う。

たとえば、日本語のさみしい、とか、よろしく、
と全く同じ言葉は、英語にない。もちろん似たのはあるけれど、
日本語の多義性をそのまま1語で受け止められていない。

逆ももちろんあって、私はいまだに、英文メールの最後の
regardsって変だよな、と思っている。
これは仏語の「見る」から来ているから
違和感あって当然なんだけど。
どうもそっち(外国)のほうでは、人を見る、ことは敬意を表すようだ。
日本だと、どっちかというと、はっきりと人を「見る」ことは
失礼にあたるように私は受け止めているけれど。
(平安時代の偉い人のすだれとかね)

言語学の専門ではないので、間違っていたら、笑ってね、という
レベルではあるんだけど、でも確実になんとなく感じている違和感はある。

それと同じように、ケータイには
ケータイ文化があり、ケータイ語があり、ケータイ文脈がある。
それをうまく理解して旧来メディアの内容をtranslate
すると、センスいいね、ということのような、
そんな気がする。

余計な補足かもしれないですけど、
たとえば、ウェブだと違和感ない文章が、
ケータイだと重い、まどろっこしいみたいな、そういうことを
はじめとする、いろいろな差のことです。

それを当たり前だろ、と捉えるより、
言語と同じように思いやりとチャーミングさをもって取り組めたら
素敵だなと思うのです。

きっとケータイ語を話すことができる人たちにとっては、
とても自然なことだろうなと思うとうらやましいですね。
ちょうど仏語しゃべれたらなあと思うのと同じノリでうらやましい。

あー、でも私の職種はWEBプランナーではないのでした。うん。

  1. 2008/03/11(火) 00:43:48|
  2. ケータイのこと|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0

最近の驚き

※これは、OFFの自分として、の話です。

私は実は、こんな仕事していながら、
新聞取ってなーい、朝テレビ見なーい、
ヤフーニュースも見てなーい。
とっても市民レベルが低い感じの朝を過ごすんです。
(社会人としてもどうかと思うケド)

最近、気づいて驚いたのが、
ケータイでニュースを知ることが多いってこと。

このあいだ、ネット広告が雑誌を抜いた話とか
(あ、しまった、これはONの自分の視点だ)
芸能人がどうしたとか、
政治がどーなったとか。

1行たらーっと流れる速報で
私はかろうじて広い世の中とつながっているみたい。

なんでこうなったんだろう。ね。

自分とその周りだけ良ければいいや。
知りたいこと、必要なことはgoogle先生に聞けばいいよ。
…学生の頃の私にとっては信じがたい態度。

しかし、時代はいろいろなことを変えてしまったのか?
それとも自分が変わってしまったのか?

とちょっと大げさだけれども。(笑)

同年代がこのことについてどう思うのか、
とても興味深い。

R25とか募金とかエコとかは、このあたりの意識と
深いところでつながっていそう。


※R25と団塊Jr.の意識の関係については
すでに吉良氏が指摘している。
ご興味のある方は吉良氏の著作をどうぞ。
ターゲット・メディア主義―雑誌礼讃

って…ああ、最後はONの自分になってしまう(T T)
  1. 2008/02/26(火) 00:47:12|
  2. ケータイのこと|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ケータイで動画

「youtubeならちょっとみてみたいかも」
「めんどい」
「いつ使うのかわからない、そこまで見たい動画ない」

現在サンプル数3。(笑)

うーん。

そうか…。ハードルは高いなあ。

トライしてみた自分の感想も
「操作うっとおしい、欲しい動画にたどり着けない。」だし。

動画サイトじゃないけど、
ホンダFitのケータイサイト動画はさくさくで良かったなぁ♪

ipod touch とかどーなんだろ。podcast動画版。


…そもそも論として、わざわざ動画を携帯したいんだろうか。
もしかして動画ってかなりプライベート感あるコンテンツ形態なのかな。
家でまったりひまーなときとかじゃないと接触する気にならない、ような。
雑誌とか新聞は外に持ち出しアリだし、ラジオは特に親和性高いけど、
動画系は今まで物理的に難しかった。
(※街頭ビジョンとかトレインチャンネルは強制視聴だから除く)

車のなかもヒマさとプライベート感ではなかなかの環境だけど、
DVD視聴とかテレビみたりとかけっこうされてるような印象。

動画って外で見る理由ないのかも。音にも気を使うし。

ヒトリゴトでした。
  1. 2008/01/13(日) 11:33:19|
  2. ケータイのこと|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

eruca?

なんか、いまさらながら発見。遅れてるなぁ。

今日、某路線の窓上に発見したときの感想は
なーにーそれー?

→eruca PCサイト

「百貨店やファッションビルなどのピックアップアイテムやイベント情報など、とれたてニュースをいち早く配信します。」

はー。ケータイでファッソンですか。

意外とイケるかも(´▽`)
なんかかわいいし。サイト。
でも、名前が覚えにくいよママン。
erucaなのに、erukaとさっそく打ち間違えたりしたよ。

密かに楽しい。電車待ちとか地上に出てる路線に乗ってるときに
ケータイでこういうの見るの。

今はケータイで見るのは、(オフモードのとき)
ゲーム、mixi、ケータイ小説、友達のブログやプロフ
って人が多そうですね。

今20代以上の人は、ケータイでファッションコーデとか見るの
エーとか思うかもしれないけど、
今の高校生があれだけケータイにどっぷりな
ことを思えば、これからの大学生、新OLさんとかは
ケータイは使いこなしまくりだと思う。

フツーに雑誌とかパラッと見るノリで
ケータイサイト見るのが当たり前になってもおかしくないかも。
やや早すぎる感もあるが…。
こういうのって一気にわらわらいろんなところから
サービスが出ると、流行やすいんだけどなー。
頑張って欲しいです。リ社さん。

追伸:実は個人的には、営業時間ってケータイで知りたい情報です。
なので、このサービスはそこが押さえられていて好印象です。
今日は買い物いこう♪でも○○ってまだ開いてるかな?って、思うことあります。
ケータイで店舗情報探したとき、営業時間が見つからないと、
パケ代無駄使いしちゃった〜(゚△゚)って思います。(笑)
  1. 2008/01/11(金) 01:27:57|
  2. ケータイのこと|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
| HOME |